前髪

こんにちは、育休中のたまちゃんです!

今日は、子どもの前髪ってどうやって切ってるの?という質問があったので、少しお話させて頂きます。

小さな子どもって、なかなかじっと座っていられなかったり、ハサミを嫌がったりしますよね?

そんな時に、朗報です!

「寝ている間に切る!!!」

いやいや、でも、それでは切った髪の毛が落ちて毛まみれになるから、、、

そんなお悩みを解消できるのが今回の裏技です☆


◎用意するもの

太めの幅のマスキングテープ・ペン・ハサミ

①マスキングテープの真ん中に、ペンで線を引く カットしたい線をイメージして引きます。

まっすぐなら定規を使って書いたり、ラウンドならやや湾曲して書きます。

②書いた線を切りたい長さにあわせて、寝ている子どもの額に髪の毛ごと張ります。

③線にそってカットします。


こうすると、カットした髪の毛はマスキングテープについて落ちにくくなります!



実際試して、とても良かったとの声もありますが、実は我が家では向いてなかったです、、、(焦)

それは、毛量。


髪の毛が多いと分厚くなるので、全部の髪の毛をマスキングテープに付けられないので1度でカットもできないし、できてもパラパラ落ちてしまいます。

毛量少なめな子どもさん向けな裏技なので、全員にはあてはまらないですが、お困りのお母さんお父さん、ぜひ試してみてくださいね!



岡山市中区海吉1807-14 栄ビル1F hair-mode美結 TEL 086-238-6125

#岡山 #岡山市 #岡山市中区 #海吉 #大多羅駅 #和モダン #美容室 #美容 #健康 #ヘアケア #匠ヘッドスパ #ファボン #エヌドット #イマヘア #枯草菌 #アレー333 #大人女子 #髪質改善 #酸熱トリートメント #ヘッドスパ #マイクロバブル #インナーカラー #香草カラー #グローバルミルボン取扱店 #マンツーマンサロン

最新記事

すべて表示

美結の美容情報☆ 今回は、カラーリングの際におこるかぶれについてお届けします。 これまでにカラーリングをして頭皮の炎症やかぶれを起こしたことがある方は、特に気をつけていることかと思いますが、実はカラーリングかぶれは、誰もに起きやすいものなのです。 ひとことにカラーリングかぶれといっても、かぶれの原因にはいくつか種類があります。 ①過酸化水素 酸化染毛剤(一般的に、ヘアダイ・おしゃれ染め・グレイヘア

今回は、髪の毛の構造とケアについてお届けします! 髪の毛の断面は、巻き寿司のようになっていて、中から順に、毛髄質(メデュラ)、毛皮質(コルテックス)、毛小皮(キューティクル)と呼ばれるものでできています。 毛髄質(メデュラ)→具 毛皮質(コルテックス)→ごはん 毛小皮(キューティクル)→のり のイメージです! 髪の毛が傷んで手触りが悪くなると、シリコンでツヤツヤになると思われがちですが、シリコンは